婦人

大切な家族のために

犬

多種多様なサービス

ペットを飼っている人にとって、遠方への引っ越しなどの際にまず頭に浮かべるのが、どのように移動するかだと思います。近距離であれば一緒に移動することも可能ですが、遠距離となると色々と心配なこともあるでしょう。その際に選択肢のひとつとなるのが、業者に依頼するということです。現在は、従来の宅配業者のほかにペット輸送専門の業者も増えてきています。ドアtoドアで運んでくれる直行便、空港をまたいでの送迎、体調が心配な場合は動物病院へ等、サービスも多様化しています。空輸が可能な場所の場合は、自宅から空港まで専用車で運び、飛行機で貨物として移動します。そして移動先の空港から引っ越し先まで専用車で運ぶといった具合です。空輸ではない場合は、移動距離がさほどなければ専用車で運ぶことへの不安は軽減されますが、長距離移動だとしてもサービスエリアで休憩を取ったり、水分補給をしてくれたり、少しでもペットの不安を和らげようと細かな気配りをしてくれる業者もあるようです。ペット輸送の対象となるのは主に犬猫ですが、ハムスターやフェレットなどの小動物も輸送可能な業者も多くあるようです。ペット輸送の注意点としては、ペット専用として運ばれる場合はいいのですが、空輸や宅配便業者などの場合、一般の荷物または貨物として取り扱われるということです。荷物と同じ空間というのは仕方ない部分もありますが、ゲージの中が生き物ということを明記しておくだけでも扱い方が変わるそうです。少しでもストレスを少なくしてあげるためにも、ペット輸送を利用する際には色々なサービスを比較検討してみましょう。